最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

性病とは

内緒のサイン

性病とは性感染症のことです。
性病は性行為によって感染してしまう恐ろしい病気なのです。
基本的に症状が分かりづらいため、自分は性病にはかかってないと思い性行為に及ぶと性行為を相手にも病気を感染させてしまいます。
このような性病の検査は各医療機関で検査を行なっていますが、性感染症は恥ずかしい病気だという認識があるためなかなか医療機関でのを行なえないという方もいらっしゃいます。
そんな方々の為に検査セットを病院に郵送して検査が行なえるようなものまであります。
性感染症の代表が性器クラミジア感染症です。
この性器クラミジア感染症は日本国内で最も多い感染症となっています。基本的にこのような性感染症は自覚症状がないのですが、性器クラミジア感染症は症状に気づきにくいので性行為に及ぶ際は注意が必要です。
現に、感染した方々のほとんどが自覚症状の無いまま性行為に及んで、知らない間に相手に感染させてしまうなどの報告がされています。
この性器クラミジア感染症は感染している者と粘膜同士の接触、精液や膣内分泌液などの粘膜、体液を介して感染する感染症です。
しかし、幸いな事にこの性クラミジア感染症は完治しやすい性感染症なのでしっかりと薬を服用すれば大丈夫です。

■通販では安く購入できる
性クラミジア感染症の薬は比較的安価で手軽に手に入れられます。医療機関に処方してもらうことも可能ですが、インターネットの通販でも多くの性感染症の薬が購入可能なので性感染症の治療薬はとても簡単に購入することができます。
さらに、インターネット通販などで購入できる性感染症の薬はジェネリック医薬品が多いので安心して服用や使用することができます。
ジェネリック医薬品は有効性、安全性が保証されていて新薬と同じような効き目があると認められている薬です。
世界保健機関であるWHOでも正式に登録している世界も使用されているものです。通販で販売しているものにはジェネリック医薬品など、色々あるので体質に合わせて薬を選択できます。

■エイズ感染のリスクもある
性病に感染してしまうとエイズウイルスへの感染の確率が高くなってしまいます。性器クラミジア感染症に感染している時のエイズウイルスの感染確率は通常の3倍から5倍と言われていてさらなる感染症を引き起こす可能性があるのできちんと完治させなければいけません。
また、女性が性病にかかっていると不妊症や子宮外妊娠などの原因となってしまうため注意が必要です。